社会の変革・・・プログラミング教育必修化の問題点と学び方

NEWS

2020年度から『プログラミング』が必修化となります。

社会全体の急速なIT化により様々な職業である程度使いこなすことが重要になったため、子どものころからプログラミングを学ぶ必要性がでてきたためです。

しかしながら、プログラミング教育の必修化にはまだまだ課題があるようです。

今回は、その「プログラミング教育の問題点」と、それを踏まえて「プログラミングをどのように学べばよいのか」についてです。

プログラミング教育必修化の背景、目的

プログラミング教育必修化の背景や目的は以下2つあるようです。

  • 国際的な競争力の強化
  • 急速なIT化

現代社会では、多くの仕事がAIやロボットに置き換えられています。

ここ数年で、無くなってしまった人の手による仕事、職業も少なくありません。

しかしながら、データやテクノロジーは革新的で人々の生活に革命を起こすようなサービスが次々と誕生しています。

経済産業省の調査では、2030年時点で59万人のIT人材が不足すると発表しています。

そのため今後も続くであろうIT社会の変化や発展に寄与できるような人材が必要になってくるということです。

また、今は様々な職種で最低限のスキルとしてIT技術が求められています。

この社会の変遷とともに、教育でも求められるものが変わってきています。

小学校の入試でもスマートフォンやタブレットを使ったテストも今後施行されるようで、ただ問題を解くようなテストより、テクノロジーを駆使して、新たな価値の創造、課題解決ができるスキルが重要となります。

そのために小さいころからプログラミングを学ぶことが必要という考えから、必修化となったのが背景です。

プログラミング必修化の問題点

教員の育成不足

2020年4月から始まる必修化ですが、2020年1月の時点のニュースで、【準備順調7県のみ】という衝撃のニュースが・・・

プログラミングの授業をする先生は、専門教員ではなく、他の科目も教える小学校の先生・・・

当然、パソコンが苦手・・・なんて先生も少なくはないので、まずは教員の必修化に向けた研修の準備が必要です。

にも関わらず、1月時点で「すべての学校で教員1人以上が実施済みの都道府県は、7県のみ」

これに対して文部科学省は総務省、経産省との協同で、プログラミング授業の実施事例や教材の紹介するサイトを公開。

また、各教委の担当者を対象としたプログラミング教育セミナーも開催しています。

それでもまだ、準備が整っていない学校が多く、4月からの実施に心配の声が上がっているそうです。

環境の整備不足

プログラミング教育は必修化の前から取り組んでいる学校もありますが、過疎地域で教員、生徒の数が少ない学校などでは、他の地域と同じように教育が受けられるようになるのかという疑問視も。

そこで、2019年12月に政府が「小中学校でPCなどの端末を1人1台配置する」という新たな経済対策を閣議決定しました。

これにより、PCやタブレットを1人1台使えるという環境は整うことになりそうですが、ソフトのアップデートやセキュリティ対策などに継続的に予算がかかるなどの課題は残ります。

習い事としてのプログラミング教育の問題点

必修化に伴い、プログラミング教室の数もどんどん増加しています。

教室では専門の教師や環境も整備され、プログラミングを学ぶにはより良いものではありますが、このプログラミング教室の問題点もあります。

スキルを重視し過ぎてしまう

教室に学びに来ているのだから「プログラミングのテクニックを覚えることが重要!」と思いがちですが、そもそもプログラミングって何?なんで必要?学ぶとどうなる?ということはご存じでしょうか?

プログラミングとは『何か』を作り出すための指示に従って機械語にする『工程』です。

なので、指示に従う『工程』だけを重要視して学んでも『何か』を作り出すという考える力が育たない可能性があります。

先にも学校教育必修化の背景で「新たな創造、問題解決の能力」が目的としていますので、将来的にも指示されたものしか作れないのであれば、AIで十分です。

そして、みんながみんなIT専門の仕事をするわけでもありませんが、プログラミングがどう関わってくるかを知っておくことが大切になってきます。

講師がプロ過ぎる!

講師はほとんどがエンジニアのようです。

小学生がエンジニアにプログラミングを教わる・・・

心配になりませんか?

確かにプロ中のプロですが、子どもの教育に精通している方ではないこともあると思います。

なので、どちらかというとプログラミングスキルが高いというより、教えるスキルが高いほうのが重要です。

習い事なので、子どもがやる気を出し、楽しく学べるかというのは大切になってきます。

子どもの能力を伸ばすプログラミング教育

テクノロジーに慣れ親しむ

某お教室では「6歳までテレビをはじめ、デバイス機器NG!!」!!なんて言われているみたいですが・・・

残念ながら、昨今そうはいかないようですよ。

プログラミングに興味関心を持つには単純にデジタルデバイスに触れたりいじくることでセンスが磨かれます。

創意工夫して遊ぶ

そんな考え方が!そんな遊び方が!と子どもには驚かされると思います。

たとえば、WordやExcelさえ、子どもにしたら無限の遊びツール!

お絵描きだってゲーム、何でもできてしまいます。

そうして、限られたものや、パソコンで創意工夫することが養われます。

興味を持って学ぶ

テクノロジーの進化は早く、次々と新しいものが発表され、大人でさえ飽きることが無いと思います。

もっと学んでこんなことがやりたい!という気持ちを育むことが大切です。

まとめ

まだまだ不安が残るプログラミング必修化ですが、きっと娘が小学生のころには落ち着いているんだろうなぁ・・・

いや、落ち着いていることを願います。

私もプログラミングに関してはできているのかできないのか、もはや曖昧なところ(;’∀’)

娘と一緒に失敗しながらも学んでいけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました