哺乳瓶以外に慣れていこう!~ストロー?スパウト?マグマグはどれがいい?~

育児キロク

離乳食が始まるころに一緒に始めていきたいのが、ストローやコップに慣れるトレーニング。

ミルク以外にも飲めるようになるので、飲ませるのもどんな反応をするのか楽しみになります。

そして、ストローを吸うことは舌の運動になり、離乳食など食事をする訓練にもなるので重要なステップです。

今回はそのトレーニングとなる「マグマグ」についてご紹介していきます。

「マグマグ」はいつから?どう練習を進める?

ごっくんと飲み込む練習にもなる、赤ちゃんのストローやストローマグはいつから使うものなのか、練習方法などをご紹介していきます。

いつから始める?「マグマグ」の練習

先にも伝えたように、生後6ヵ月頃には離乳食も始まり、飲めるものもお茶以外に果汁など増えていきます。

また、お風呂上りや、寝起き、たくさん動いたり汗をかくので、授乳の時間ではない時間に水分補給をする際に「マグマグ」はとても重宝すると思います。

なので、離乳食が始まって少し経った6~8か月頃には始められると良いかもしれません。

スパウトから始めよう!

ここからは我が家で使っている「マグマグ」を例にご紹介していきます。

我が家で使っているのはRichell(リッチェル)の【スヌーピーステップアップマグセット】です。

内容は・マグ本体・スパウトマグ・ストローマグ・お食事スタイの4点セットです。

我が家はスヌーピーLOVEなので、色合いも優しくてかわいいこちらにしました。

まずマグマグ練習を始めるにあたり、先にストローではなくスパウトをつかっていきます。

いきなりストローでは形状や構造が哺乳瓶とかけ離れている事と、赤ちゃんの飲む姿勢の問題があります。

スパウトはコチラです。

ちょっと哺乳瓶に似た形状で、くわえやすく、こぼれにくいのはママにうれしいところ。

そしてストローとの違いはコチラ↓

くわえてぎゅっと噛むと弁が開いて飲み物が出てきます。

母乳や哺乳瓶も上あごと舌や下あごでしごくように飲んでいるため、『噛んだ時に出る』ことが母乳、哺乳瓶と似ています。

これがストローだと、赤ちゃんの意としないタイミングで出てくるので、むせたり、苦手意識が芽生えてしまうこともあるかもしれません。

そして、飲む姿勢ですが、離乳食もそうですが、いきなりいつもと違う姿勢「お座り」でいつもと違う哺乳瓶「マグマグ」だと、新しい事だらけで不安になります。

なので、マグマグのストロー部分を外して哺乳瓶、授乳と同じ姿勢からがオススメです。

↓このスパウトのストロー部分は簡単に引っこ抜けます。

これで仰向けで飲めます。

我が家もまだ練習中!

しっかり握って飲んでいます。

歯固めじゃありませんが噛み噛みして慣れてくれればとも思います。

下のストロー部分が付いていると仰向けで飲めないので注意!

このスパウトで仰向け飲みに慣れたら、こんどはお座りでスパウトです。

ちなみに、画像のように簡単に蓋が外せます。

オススメマグマグ!

今回はRichell(リッチェル)のマグマグでご紹介しましたが、他社からも発売されているので、個人的にいいなぁと購入に迷ったものをご紹介します。

ちなみに今回私が購入したマグマグはコチラ↓

【クーポン配布中】送料無料(一部除く)スヌーピー リッチェル ピーナッツ コレクション ステップアップマグセット スタイ付 トライマグ(スパウトマグ・ストローマグ)赤ちゃん 出産祝い PEANUTS Richell【あす楽A】ベビー ストローマグ

一緒に入っているお食事スタイも使いやすくオススメです!

次にPigeon(ピジョン)のマグセット!

スパウトが柔らかくて、月齢でステップアップして使えるのでいいなぁと思いました。

マグマグ セット(1セット)【ピジョン】[お食事グッズ ベビー食器]

コップ飲みのトレーニングにはベストだと思ったのがCombi(コンビ)さんです。

【送料無料】【代引き手数料無料】コンビ ラクマグ ストロー&コップ はじめてセット / ボーダー(WH)

このらくらくマグは画期的なんじゃないかなー

Combiのマグセットだとこちらがオススメ!

テテオ パーティーマグ Neo離乳ナビセット(1セット)【コンビ】[お食事グッズ ベビー食器]

リッチェル、ピジョン、コンビすべてボトルにステップアップで変えられるパーツが販売されているので、セット買いじゃなくてもぜんぜんOK!

まとめ

ストローへの道!

1.スパウトマグ(ストローなし)で仰向け飲み

2.スパウトマグ(ストローあり)でお座り飲み

3.ストローマグ

赤ちゃんには個人差があるのでこちらも目安でのんびりやっていきましょう~♪

タイトルとURLをコピーしました