朝イチがオススメ! 川越氷川神社で 安産祈願に行ってきました!②

出産準備

埼玉県の川越氷川神社へ安産祈願

私も妊娠5か月に入り、奇跡的に旦那さんもお休みの土曜日に戌の日があたったので、川越氷川神社へ安産祈願へ行ってきました!

私がたどった1日の流れをご紹介します!

最初に、そもそもなぜ川越氷川神社かといいますと、

比較的近いからお礼参りと一緒にお宮参りも行きやすい

↑これに尽きました。

でも大事ですよね!

いざ出発!

土曜日で混雑も予想されたので、朝一で行ってきました。

体調もよかったのですが、ちょっとつまめるお菓子飲み物は必須です。

川越氷川神社はご祈祷の受付時間は朝の9時から。

我が家から電車とバスでなんだかんだ、だいたい1時間ぐらいかかるので、

その9時に着くように、8時に出発しました!

アクセス



埼玉県川越市宮下町2-11-3
Google Map
最寄駅
JR、東武東上線「川越駅」・西武新宿線「本川越駅」よりバスをご利用ください。

「川越駅」よりバスでご来社
東武バス・7番乗場 「川越氷川神社」下車徒歩0分
埼玉医大・上尾駅西口・平方・川越運動公園行に乗車ください。
東武バス・1番乗場 「喜多町」下車徒歩5分
神明町車庫・城西高校行に乗車ください。
小江戸巡回バス「氷川神社前」 徒歩0分
川越の観光名所を回る巡回型のバスです。川越駅西口よりご乗車いただけます。
特典いっぱいの一日フリー乗車券もございます。 小江戸巡回バスについて
「本川越駅」よりバスでご来社
東武バス・5番乗場 「川越氷川神社」下車徒歩0分
埼玉医大・上尾駅西口・平方・川越運動公園行に乗車ください。
東武バス 「喜多町」下車徒歩5分
神明町車庫・城西高校行に乗車ください。
小江戸巡回バス「氷川神社前」 徒歩0分
川越の観光名所を回る巡回型のバスです。特典いっぱいの一日フリー乗車券もございます。 小江戸巡回バスについて

交通案内
川越氷川神社

https://www.kawagoehikawa.jp/#/access/

バスは川越駅から5分ぐらいで、神社前にすぐ着いちゃいます!

歩くとちょっとかかりますが、体調が良ければ川越の町並みを楽しみながら向かうのもいいですね!

まず受付!

神社に着いたら大きな鳥居があります。

大き過ぎて逆に気付かなかった!笑

一礼して鳥居をくぐり、さっそく社務所へ!

社務所は鳥居をくぐって境内中央左手にあります。

用紙に記入、初穂料準備

社務所横に受付用紙の置いてある机があるので、そちらでご祈祷の受付をします。

見本もあるのでご安心ください!

そしてのし袋まで準備されています!!!ありがたい!

用紙を書いて初穂料を入れて、社務所に提出すると、ご祈祷の時間が伝えられます。

こんな感じの札をもらえるので忘れる心配もないです!

朝一だったので9時半からのご祈祷でした!

手水をしたり、ちょっと境内まわってちょうどかなーって感じでした。

手水、境内散策

お参りの前に手水で清めます。

こちらも社務所の近くにあるのですぐにわかりますよ!

境内のマップです。

本殿にお参りし、神木、おみくじと楽しんでいると時間はあっという間でした。

おみくじはこの大量の鯛から専用の釣り竿で釣ります

ただ引くより楽しいですね!

ご祈祷の時間

おみくじを引いて、境内奥にある待合室でおみくじを見ていると、巫女さんが名前を呼んでくれました。

社務所へ向かい、神殿へ案内されました。

私は腹帯を巻いて、手持ちはなかったのですが、持って来ている方は膝の上に置いてご祈祷を受けていました。

肌寒く、コートは着たままでした。

ご祈祷が始まり、ふと周りを見ると、お宮参りに来ている赤ちゃんが可愛すぎて、早く会いたいなーと今まで以上に赤ちゃんに逢うのが楽しみになりました。

ご祈祷が終わると神殿を出て、ご供物をいただきます。

神社にもいただけるものは異なりますが、川越氷川神社では↓こちらでした。


  • 神札
  • 妊婦用お守り
  • 妊婦の家族が持つお守り
  • 縫い付け守り(腹帯などに縫い付けるお守り)
  • 延寿箸(出産1か月前から使い始めると安産になるそうです)
  • 交通安全のマタニティステッカー
  • 榮太郎飴

ここにはないのですが、中に絵馬も入っていました。

ご祈祷後のお参り

ご祈祷が終わり、ご供物をいただいたあと、境内のお参りです。

方法はご祈祷の際に説明いただけます。

まずは戌岩!

犬の横顔に見えます。

鼻を撫でて安産を祈願します。

次に、歌道・学問の神様、安産・火防の神様の柿本人麻呂神社!

最後に絵馬を奉納させていただきました!

圧巻の絵馬!

以上で安産祈願になります!

ちなみに・・・

境内にはご神水が流れる小川があり、人形流しができます。

ちょうど旦那さんが扁桃腺の手術を控えているのでやっていきました!

人形流しとは。

人形(ひとがた)と言われる和紙を厄を祓いたいところへ撫でつけ小川に流すというものです。

これで旦那さんの悪さをする扁桃腺も流れてくれるでしょう!

まとめ

行きはバスで行きましたが、帰りは散策しながら歩いて駅まで帰りました。

ちょうどお昼ごろだったの、前から気になっていたお店でうなぎを食べて帰りました。

ちょっと食べちゃった(*´ω`*)

近いけどあまり散策していなかったので、とっても楽しかったです!

これで安産だー!!!

タイトルとURLをコピーしました